読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあわせへの助走

生きていて感じたことを気の赴くままに書いていきます

ひとりの年の瀬に今年一年を振り返ってみる

皆さん、今年は本当にお世話になりました!

 

このツイッターアカウントを取っておよそ8か月

ブログをはじめてからおよそ2か月

思った以上にたくさんの方と交流させて頂いたり、ブログを読んでいただけたりして、本当に楽しく、充実した一年を過ごすことができました。

人見知りが激しくて、自信がなくて、自分の感情を見つけるのが苦手な私。

何度かお会いしたことある方にもいまだにどのキャラを打ち出していくべきか悩んでいます…。まあ、それは来年の目標にするとして。

今年は去年から想像もつかないくらい生活も環境も激変しました。去年の今頃私は珍しく熱を出してうなってて、割とこれからの人生をどうやって生きていくか真剣に考えざるを得なくて。考えることは、もちろん大事だったんですが、頭でっかちに考えることばかりしていた私なので、ひとまず自分のやりたいことにどんどん飛び込んでいって、自然と道が開けた一年でした。

自分の居場所がないなあ、と悩んでいる人もいるだろうからあえて言葉にしておきたいのですが、居場所は人から提供してもらうものではなくて、自分で見つけるものです。多分、本当につらい人にこの言葉をかけてしまうと居場所を求めて動けない自分を責めてしまうと思うのですが、責める必要は全くないので、何が自分をそうさせてるのか考えてみてほしいです。その場しのぎの自虐や逃避は必要な時もあるけど、根本的な解決にはなりません。

なんだか説教臭くなっちゃったけど、漠然と考えていたことに実感が伴って今年の人生の好転があったので書いてしまいました。来年は、脱メンヘラできたものとしてなにかできたらいいなぁと思います。

来年もイベントやら新年会の予定やらが入りだしたので、楽しく生きられそうです!

 

来年もよろしくお願いします!

 

師が走っていく

12月に入ってから忙しくなって、いつもはどれだけ忙しくても定時で上がれるようにできるだけ調整してたけど、流石に繁忙期で難しくなった。

いつもは自転車で通う道のりも、雨風が強くて電車で帰ってきた。

 

今日は今まででいちばんの大型案件の準備と、手探りな仕事の2本立てで、バタバタしていた。

私の確認不足で招いた失敗も、事前に気づき頑張って対応してなんとかなった。失敗したと思った段階で上司に相談して、あわや納期に間に合わない大惨事になる所だった。方々に連絡してる合間に上司にドヤされて、後輩の子に私のクビ〆といて!と冗談を言っており、首締められて興奮しちゃう私は〆られたらどうしよう!と内心ドキドキした。勿論口には出してない。

 

そんな感じで忙しいけど明日も頑張ってくる。

さよなら吉祥寺

少し間が空いてしまいましたが引越しをしていました。

まだ諸々の手続きや、荷物の整理や片付けは終わってないですが、暮らしの機能は新居に移しています。

仕事をしながら、計画的に引っ越ししたのは初めてで、しかも忙しい12月。片付かない荷物と思うようにいかない仕事とで疲れてはいますが、なぜだか毎日楽しく生きています。通勤時間が大幅に減ったのもそうだけど、私にとって実家にいることはどれだけストレスだったのだろうかと気づかされました。

私は結婚していた数年をのぞいて、ずっと吉祥寺に住んでいました。年数でいえば20年以上。生まれたのも、今は亡き吉祥寺の産院で、まさに生まれ育った街でした。よく、吉祥寺はいい街だよねと言われることが多かったのですが、私にとっては便利な街ではあると思いますが、生まれ育ったが故に嫌な思い出も多くあまり好きになれませんでした。実家はお金持ちなのともよく言われましたが、持ち家でもないしお金持ちでもありません。ただ、周りはお金持ってるお家の子が多くて、学校の友達との経済的格差とか、親から大切にされていない感じを押し付けられている状況が非常につらかった記憶があります。皆が憧れる環境に置かれても、それに価値を感じられない底辺はただ辛いのを我慢して生きるより他なかったのです。今、生まれ育った街に感じることは、昔寝たあまり好きでもなかった男に感じる情に近いものがあります。

多分今後、私は吉祥寺に住むことはないでしょう。多分そもそも住めないでしょうし、そんな私がこういうことを言っても負け惜しみのようにとる人もいるかもしれません。でも私には吉祥寺にそんな価値を感じなかった。

それだけのことです。

 

引越しのこと2

日曜日にものをたくさん買った。

 キッチン用品や食器や洗濯用品が主だ。公言していた通りベッドカバーも買った。ベッドはまだ買ってない。

IKEA無印良品を回ってクタクタだったけれど、えいや!っとAmazonで買えなかったものをポチポチした。ガスコンロまわりのものと、包丁。火曜には全部届いた。

無印良品は配送が間に合わなかったので、自分で電車で昨日運んできた。キャリーバッグと寝袋を一緒に運んだので大荷物だったが、どうにかなった。食器があったので重かった。

最初無印良品で箸10膳入っているものを買ったのだが、だんだん弱気になったのか、コップとカトラリーは2つずつ買い揃えたけれど、食器はふたつずつ揃える勇気が出なかった。定期的に来てくれる彼氏もいないので、無駄遣いになりそうなのが怖かった。

歩いて行ける範囲内に、無印良品があるのを見つけたので、来客で使いたい食器はそこで追加して買うことにしようと思った。だけどこの調子だと、来客を呼べるのは来年かな…。

 

今日は荷物を受け取ってガスコンロを設置した。ガス台にシートを引いてガス台を置く所にもシートを引いた。ダサいんだけど、ガス台周りにアルミのカバーもかけた。換気扇カバーも買ったが、マグネットが付属してなくて、つけられなかった。マグネットは100均で、汚れたら躊躇なく捨てられるのがいい。そう思いながらも、近所のスーパーにマグネットとガスホースが無いか探しに行ったが、荷物を待っている間に食品以外の売り場は閉まっていた。自転車があれば、ちょっと離れたドンキでも、ホームセンターでも行くけれど、まだ自転車は持ってきてないので諦めて、ちょっとしたものだけを買って帰ってきた。

 

まだガスも開通させていない部屋なので、昨日今日は銭湯に行った。部屋はユニットバスなので、ゆっくりお風呂に入りたい時にすぐ行ける銭湯が近くにあるのはありがたい。そう思いながら湯に浸かって疲れを落とす。

 

今日届いた荷物が入っていたダンボールと、届いた毛布で、今日の夜は寒さを感じずぐっすり寝れるかも。おやすみなさい。 

映画『永い言い訳』を見てきたよ

気になってた、映画、永い言い訳をようやく見てきました。調べてびっくりしたんだけど、今上映している映画館が本当に少ないので、見たい方は早く見に行った方がいいかもしれません。

でも、10月公開の映画だったみたいなので、私が行くのが遅すぎるんですよね。

今週で11月も終わりですからね。びっくりだよ。

 

という訳で、ネタバレありで書いていくので、見てない方は気をつけてください。

 

Twitterに書いたことと重複しますが、まず主要キャラクターの幸雄、大宮さん一家、先生。それぞれが人間くさくて嫌いになれない不思議な魅力がありました。特に幸雄なんかは、奥さんのこと全然大事にしてない自分のことしか考えられない人間。一方で大宮さん一家と深く関わりを持ち始めるきっかけは、幸雄が協力しようと考えたからで、そのギャップが見ていてすごく魅力的に見えた。

一家のお父さんも、私はすごく気持ちを引きずるタイプなので、非常に共感出来た。

 

次によかったな、と思ったのは、子供と幸雄の関係性だ。困った時に頼っていいんだよ!って言ってあげられる大人は、基本的に多ければ多い程いいと思っている。しかも大人も参っている状況に吹きこんできた風は追い詰められていたものを推し進めようとしてくれている。幸雄が悲しみに暮れていなかったのが幸いした例といえるだろう。

 

これは極々個人的な話で、いい話ではないんだけど、事故のシーン。

私は中学時代に仲の良かった、親友とも言える人を事故で二年前に亡くしているんだけど、その子が事故にあったのも曲がりくねった道で、車線からはみ出して正面衝突していて。助手席に座っていたその子が見た光景とは、必ずしも一致しないだろうけど、こんな風だったのかな、と想像したら本当に怖くて、この思い出も思い出して泣いてしまった。私はIKEAのカートもポンポンぶつける位だから免許も持ってないし運転しようとも思えないけど、運転する人は本当に無理しないで、気をつけてね。

 

ちょっと横道に逸れたけど、映画自体、風のようにするすると吹き抜けていく、心地いい映画でした。

レンタル出たらもう一回くらい見たい!

おやすみなさい。