読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあわせへの助走

生きていて感じたことを気の赴くままに書いていきます

それはまやかし、あるいは強い思い込み

テレビが届いた。信じられないほど薄い板に色とりどりの景色や、情報が流れてくる。

最後の最後でLGかシャープか迷って、LGはhuluの視聴用アプリの更新やめるからやめた方がいいよ!といわれたので、シャープを買ったらシャープも5月くらいまでで終わってしまうらしい。チーン。

本当は、物を買ったところで収まらない虚無感だと分かっているのだけど、どうせ買うし、と思い切って購入に踏み切った。私はそもそも、テレビをそんなに見る習性がない。チャンネルを一通りぐるぐるして、行きついた先はyoutubeで、ずーっとモー娘。の動画を見ていた。まーちゃん早く帰ってきて、まーちゃん…。

今朝はニュースを見た。久しぶりに外界とつながった気がした。朝ご飯を食べて、そんなに時間が有り余っているわけではないけれど、10分くらいぼーっとテレビを見ていた。気づいたら時間が吸い取られているテレビこわい。途中でチャンネルをかえたら、同じ内容のニュースをやっていたのだけど、肝心なところでちょっと意見?解釈?に違いがあって、どちらが本当なのか分からないまま、家を出た。

仕事中は、基本的に作業はしているけれど、頭の中は暇なので、なにか全然違うことを考えていることが多くて、今日は昔の自分がどんな人だったかを思い出すのに忙しかった。

私の存在自体がいるのか怪しい、そういう不確かな思いを抱きながら生きていた。もう10年以上も前の話なので、厨二臭いのは許してほしいのだけど、その本質は、産まれていなければよかったのに、という存在の否定で、だけど私にはそう思うくらい自分という存在が危ういものだった。なんなら存在しているのかしていないのか分からない幽霊と同じだったのかもしれない。そんな危うい自我から、自分を少しずつ、今も練習中だけど、手繰り寄せていく作業を繰り返すうちにだんだんと自分というものが分かってきた、その過程。

こういうことを書くと、心配する人もいると思うんだけど、本気で自分を見失っているメンヘラな状態というのは、こんなに冷静に客観視なんかできないし、こんなこと考えたら、マイナス方向に引きずられて、簡単には戻ってこれない。私はまだ、自分を幸せにするため出来ることはあると信じているし、やりたいことも山積みだ。

だからまだ大丈夫だと思う。

ひとり暮らしをはじめて、初めて病気になった話。

いつもなら、今日は会社行きたくないな、と思ったら割と休む私ですが、その日は頑張って行ってしまいました。朝から雪、とのことで上下ヒートテック装備で行ったせいか、変な汗かいた、気持ち悪い、と思ったものの、職場の人に話したら、えっ?という反応をされたのでこっちも、えっ?という反応を返して、なんだか不協和音が流れているのに気づきながらも、えっちらおっちら仕事を始めたら左背中の内臓が痛い…。痛みに我慢強い私でも泣くほど苦しかった痛みが出産で、その次がギックリ腰で多分その次ぐらいの痛みだ。とりあえず座ってられないので職場をウロウロします。寝たら楽になるかな、と思ってダンボールひいて寝るが治りません。でも座ってるよりは楽なので寝転がって、必要なものは床に設置して、辛かったら休憩を繰り返します。休んでもよくなる兆しが見えないので、急いで近くの病院へ。色々検査されて尿管結石の疑い、とのことで、痛み止めもらって、仕事に戻ります。この時点で痛み止めを入れてもらって、楽になったせいかスーパーハイテンションに。元気にお昼をかきこんで、急ぎの仕事を片付けつつ、マリオのスター状態がどうのこうの、と言われやっぱりあなた私のツイッター見てるでしょ?と心のなかで空中戦のせめぎ合いをし、けれど結局何も言わずに終わったのは、私の体調が悪かったからか、相手に言ってもはぐらかされると思ったからのどっちかな。多分この日はどっちもかもしれない。

そんな戯れをしていたら、寒気と頭痛がひどくなってきて、まともにPCも触ってられなくなってきて、色々説明してもらっても頭に入らなくてこれはヤバい…と思ったところで早退。

とりあえず何か食べなきゃ!と富士そばによるも、半分ほどしか食べれず、外は雪がちらついていて、蕎麦を待つ間に読んでいた文章と相まって、ちょっと切なくなってきました。帰って熱を計ったら39度と無駄に熱があり、冷えピタ貼って、ベッド周りに飲み物とゼリー状のドリンクを設置してひたすら寝ます。このころはひたすら、身体が辛くて、食べても飲んでも熱が上がるしどうしたらいいの!となりながらも、熱が上がれば気絶するように寝れていて、まだ最優先して考えないといけないタスクがわかりやすかったので、楽だったのかもしれません。

 

翌日は仕事を休み、病院へ。熱が高いので、季節柄流行っていることもあり、インフルエンザの検査をするも、陰性。昨日の通院の結果から、腎盂炎では?となり、脱水症状もあったので、点滴してもらうことに。後からネットで調べたんですけど、腎盂炎は入院することも結構あるみたいで、その主な理由が脱水症状からだと聞いて、ひどく焦りました。危なかった…。

薬ももらってひと安心で帰ったものの、家に帰って再び寝て、起きてをしながら、あったかいものが食べたい…と思っても、作って持ってきてくれる人も、電子レンジも心配してくれる人もなく、なんだかとても辛く悲しい気分になりながら、とりあえず電気ケトルを部屋に持ってきてホットレモンを飲んでしのぎました。

 

翌日、なんとか熱も下がったので、昼から検査のため病院へ。わかりにくいところにある、検査専門の病院なのですが、3回目なので迷わず行けました。毎回全然違う病気で来ていて、ひょっとして私かなりのスペランカー体質なのでは…と思うところです。

検査が終わったら、食べたいものがあったのでファミレスへ。とりあえず、最初は胃の様子を伺うために雑炊をチョイス。普通に美味しく頂けたので、続けてイチゴとブラウニーの乗ったパフェを食べました。普段、パフェとか全然食べないのですが、ここのところずーっといちごが食べたいと思いながら、でも高いし贅沢だし…と思って食べずに居たのですが、さすがにこの辛さを癒やすためにいちごくらい食べてもいいでしょ!と思って注文。とはいえいちごは1個分プラス中にジャム?とソルベとしてちょっと入っていた、くらいのもの。しかも普通にパフェ1個の値段でいちごひとパック買えた。チーン。と思いながら、自分のためのチョコ!(バレンタイン!)と思って食べました。

食べながら、月曜日からの仕事が本当に憂鬱で、多分また精神的にガッツリ削られるんだろうな、と思うと行きたくないと思うし、でも迷惑かけるのも嫌だしお金貰えないの困るし、とデモデモダッテで涙が出て来ました。私はいつも、問題を解決する時は根本的に解決したいと思ってしまって、その為に、普通の人なら諦めるようなところにも結構切り込んでいってしまうんですが、今回は苦手な分野の話で、しかも私悪くないやん!って思うのが本当に辛い。 精神的な線の細い、繊細な自分は自分でも付き合うのにめんどくさいなと思うし、どうにかうまくやってかないといけないんだけど、いまだにうまく付き合えなくてキィィィー!っと発狂しそうになります。

だけど、泣きながらご飯食べた人は生きていけます、という言葉を思い出し、ちょっと頑張ろうかなと思いました。

セクハラ、所感。

自分の感情を深く掘り下げて感じたことを書く練習をしないと、このまま私という人間が海の底の方を漂って眺めているだけになりそうなので、練習がてら書いていきたいと思います。

 

ここのところ、上司からセクハラを受けている。触られるとかではなく、言葉のセクハラだ。上司は既婚のオッサンで、私の親と同年代ぐらい。勿論恋愛対象と思ったこともない。

それは本当に急に始まって、今度一緒に温泉行こう、と言われたのが始まりだった。最初に聞いたときは聞き間違いかな、と思って聞き直したがあっていた。何言ってるんだ?と怒るでも悲しくなるでもなく、頭がボーッとして考えられなくなる感じがした。普段から、冗談と会話の掛け合いを楽しんでいた私だったが、その時頭の中でエラーが起こってなんて言っていいのか分からなくなった。

なんというか、予想外過ぎて何と返したらいいのかよくわからなくて、私はもともとあまり自分の気持ちをそのまま感じる、ということが本当に苦手で、正直この件も自分の感情との折り合いがつかないというよりは、本当は人に相談する方がめんどくさくて、でもこのまま放置したら現実的にあらぬ疑いをかけられたりして迷惑になるな、という、論理的な路線の方が理由として強くて、今でもあなたはそれでどう思っているの?という問いには、多分うまく答えられない。無意識的に、相手に合わせようとしてしまうからだ。それは、親との生活をしながら生きていくための知恵として身に着けざるおえなかったもので、そこが今の私にとっての自分らしさに繋がっているんだと思うので、あまり無下にもしたくない。(そしてこれは自分の思考にオートで入ってくるので調整できない。だから本当はちょっと調整はしたい)だけど、私はうそをつかない(ようにする)ということと、最近は、自分を大切にするということも、信条としていて、上司の要望にはかなられません。その結果のエラーという自動演算システムの結果なのである。こう考えると、私は自分の感情がますます分からなくなって、なんというか、もっと普通のもっとエモくてふわふわした、感情を揺り動かされるような、文章なり漫画なり絵なりデザインを生みたい、私だってもっと周りの人から憧れてもらえるような人になりたいし、だけどどうしたらいいのかよくわからなくて、自分で気の赴くままに書いてしまったカオスな文章を未整理のまま残しておきます。

 

或る土曜日の朝

外は容赦無く風が吹いていて体温を奪われる。駅から家までの道のりが遠く感じた。私は早歩きと小走りの中間くらいの速さで足を進めているけど、一向に体温は上がらない。

暗い部屋に飛び込むように帰ると、先程までの寒さからは一転、少し暖かさを感じる。ちょっとホッとしてからは、コートも服も脱ぎ捨て、部屋着に着替えて顔を洗う。クレンジングゲルは暖かくて、こんな時期のめんどくさいメイク落としの憂鬱から救ってくれる。洗い流す水は冷たくて、オールした後、メイク落としで開いた毛穴を収縮させようと頑張っているのが分かった。タオルは柔らかさを感じるためにただそこにあるだけだったが、顔の水分を拭き取ったせいで濡れて柔らかさを失った。

寒さのせいか、あんまり眠くは無かったのだが、とりあえず電気を消して布団に入る。ぬいぐるみのカピさんを抱き寄せて、寒い布団の中で体温を共有した。

 

私にとっての一人暮らしは自己肯定感を高める作業

 

引っ越ししておよそ2か月がたちました。

本当は1か月の時も記録に残しておこうと思っていたのですが、年末年始で仕事がバタバタしたり、休みになってのんびりしたりしていて、気づいたら書くタイミングを失っていました。なので、ちょっとまとめて書いておきたいと思います。

大体一通り必要なものもそろってきて、結構快適に過ごしています。

今欲しいのはテレビとPS4くらい。あったらいいな、と思うのは電子レンジでしょうか。どれもなくても困らないのですが、あったら今より快適で、楽しいだろうな、と思います。普通にゲームしたいし電子レンジで料理を楽にしたい。

前よりも通勤の時間が短くなり、ストレスがガクッと減りました。嫌いだった親の元を離れたせいもあるかとは思いますが、引っ越した当初は私の人生の幸福度としては、過去最高でした。私はストレス耐性が低くて、ストレスにさらされるとすぐ体調が悪くなるのですが、最初のひと月は体調の悪さを微塵も感じませんでした。年明け急に部署の人が異動となり、おととしに体調が悪くなった原因の仕事を任されることに。また現在進行形で二足の草鞋を履かされており、それがものすごくストレスです。ルーチンワークを淡々とこなしたり、工場のように決まったものを決まった形で作るような仕事は苦手で、自分の創意工夫でよりよくなっていく仕事の方が、精神衛生上よいようです。そんなこんなで波乱の年明けで、今もちょっと体調は良くないのですが、なんとか生活しています。贅沢言えば、朝きちんとおきて、弁当まで作れたら完璧だな、と思います。

 

 

自分の料理を、淡々とただただ記録していくブログもはじめました。オシャレな料理も、皿も載ってない、白い料理の画像がたくさんのっているブログだけど、今はあまり無理せず、飾り気ないありのままの料理を載せたい気分なのでそうしています。切り方も大きさがまちまちだし、色が白くてオシャレじゃないし、一応デザイナーを名乗っていてセンスのかけらも感じない画像を上げ続けるのはどうなの?と思うが、これは一枚一枚に価値はあまりないのだけど、ブログ=ページが増え続けていく本のような形で、まとめることに意味があると思っています。また人の家の本当の意味での家庭料理は見る機会があまりないので、そういうのがあってもいいかな、と思います。緩くやっていくのが気分とはいえ、あくまでも気分なのでやりきったなと思ったら方針を変えるかもしれないです。

 

元々メンヘラで、克服に役立ちそうな本を読み漁っていた時期がありました。たいていの本には料理はいいぞ、計画を立てて手際よく作業をする練習にもなるし、失敗したときにどこがまずかったのか考え、原因と結果の整合性がきちんととれるようになるので、克服に役立つと書いてありました。きちんとできたら結果としておいしいものが食べられるというのもいいですよね。

でも、私が一番料理をしていて良かったな、と思えるのは料理をして自己肯定感を得られることだと思いました。だれのためでもない、自分で自分のために丁寧に作ったものを美味しく食べる。私は今までの自分の人生、笑っちゃうくらい酷いなと思っています。親に小さいころから無意識の虐待をされたこともそうだし、そこを飛び出したくて結婚したこともそうだし、結局離婚したこともそうだし、そのあとの恋愛だって散々な目にあいました。実家に帰ったところで、私は一生懸命奨学金を返していたのに妹は親に払ってもらっていたりします。

そんな傷ついた私を癒し、自分は自分の為に生きていいんだ。大切にしていいんだ、と自分に訴え続けるのが自炊であり、私の一人ぐらしです。

一人で暮らしていると、料理以外にも様々な家事が発生しますが、それらも自炊と同じく、自分の感情を大切にする作業であり、それは私にとって自己肯定感を高めてくれているなと思っています。

 

あ~生きててよかった!