しあわせへの助走

生きていて感じたことを気の赴くままに書いていきます

逃げれば追いかけられ、追いかければ逃げられる。

鬱をこじらせて自宅療養していたが、もうこれはダメだという出来事が起き入院していた。正直いまも体調が良いとは言えないのだが、事情があって退院した。

精神科にはいろんな入院の種類があって、私はなんだか生きるのに疲れてしまって、入院したいですと自己申告して入院した。つまり現実世界からの逃避だったわけなんだけど、結果的に入院は逃避とはならなかった。温泉に行く方がずっと逃避行として有意義だ。あるいはライブやお芝居や映画でもいい。2時間や3時間という短い時間であっても、濃密な時間は現実の問題を忘れさせてくれる。そんなことを、入院中の退屈なときに思い至った。寝れば悪夢をみて泣きながら目を覚まし、眠い目をこすりながら体温と血圧と脈をはかられ、日中やることがなくて呆然とすごす。あるいは昔読んだ自己啓発本の最初のほうに書かれていた内容の講習を受ける。暇な時間はあるから、いやでもこの先の自分の現在の状態と、未来の姿を想像してさらに憂鬱になる。現実から逃げたはずの私は現実に追いかけられる。そんな毎日を過ごしていた。夢のなかの、免許を持たないはずの母の運転する車の助手席に私はすわり、高速道路にあるトンネルのオレンジ色に染まったうす暗い車内は背筋が凍った。

一方、良かったこともたくさんあって、支えてくれる友人がいることを実感したり、自分を知ることができたりした。

おもしろいこともかなりあったんだけど、どれも書けないので今度飲み会の時にでも話します。

 

最近のこと

かなり間が空いてしまいました。

年明けからここまで、4ヶ月の間に色々あったので軽く覚え書きしておきます。

 

休職しました

色々なことが積み重なっで、発病、休職しました。

診断は中度のうつ状態。この事は後々詳しくブログに書こうかなと思っています。ちなみにまだ、よくなったり悪くなったりの繰り返しです。症状の安定までが遠い…。それでも、前に精神病になった時よりも確実に、人に迷惑をかけたりすることは減ったので、この調子で治していきたい。

 

草津温泉へ旅行に行った

恋人と初めて2人で旅行へいきました。2月の寒い時期だったこともあり、温泉がめちゃくちゃ気持ちよかったです。書きかけのブログ記事があるのですが、まだ書き終わらずにいます。

 

まなつさんのスナックに遊びに行った

バーエデンで開催された、スナックまなつにお邪魔しました!私が行った時間帯は、満席の大盛況でした。

まなつさんのブログはこちら→今夜、どこで寝る

人見知りするタイプの人間なのですが、まなつさんという共通の話題があったので、スムーズに会話できて大変楽しい時間を過ごすことができました。

またチーママさんが、自分の好きなこと、興味あることはどんどん追求していくパワフルな方でとっても素敵でした。私はどちらかというと、人目を気にしすぎて身動き取れない、飛び込めないことがよくあるので、私も少しずつ人目を気にしすぎない人間になりたい。

まなつさん企画、ストリップを見る女子会に参加

スナックまなつの翌日行われた、ストリップを見る女子会にも参加させていただきました。

前々から興味があったものの、どんな雰囲気なのか、怖くて見に行けてなかったストリップ。企画のおかげで初めて見にいくことができました!

独特の文化はありつつも、意外と女性ひとりでも安心して楽しめる雰囲気。また、いかがわしさよりもストリッパーさんや衣装の美しさやダンス、振り付けの優雅さや表現のしかたなどに魅了され、もっと見てみたいと思いました。

 

アニメ、ドラマ、映画をたくさん見てる

休職して日中時間があるので、かなりの時間をNetflixAmazon prime videoに費やしています。

とりあえず、Netflixプレゼンツのテラハ全て、あいのり、クィア・アイ、弱ペダ、ゆるキャン△、咲、水どう、おにぎりあたためますか僕だけがいない街Netflixバージョン)、P5A、銀英伝、ビックバンセオリー は見た、or視聴中

何かオススメがあったら気軽に教えてください!

 

昨年のふりかえりと今年の抱負

新年あけましておめでとうございます。

年末に締めの記事を書こうと思っていたのですが、正月の準備等々で遅くなりました。

今年はおせちを買うか作るか悩んだ結果、とりあえずバラで購入しました。恋人が塩抜きし、味付けしてくれた数の子がおいしかったです。

ついたちは妹とその恋人と4人で麻雀大会をして楽しんでました。みな点数計算ができないのですが、スマホを介すとどうにかなってしまうので、わたしはこのまま点数計算できるようにならないのかな、と思います。

そんな感じで楽しく新年のスタートを切ることができました。

 昨年のふりかえり

昨年は恋人ができたことが、非常に大きな転換点だったなと思います。

 一緒にいてくれた恋人のおかげで、総じて楽しい一年を過ごすことができました。感謝! 

kyusuigy.hateblo.jp

 kyusuigy.hateblo.jp

 私はいつも、何気ない日常の中にある幸せが人生を楽しくしてくれると思うのですが、そういう目線で見ると今の恋人は最高だな、と思うし今後も仲良くしていきたいです。

 

kyusuigy.hateblo.jp

 

kyusuigy.hateblo.jp

 

また昨年は、生きるのが本当に楽になったな、と感じることが多い年でした。

今年で30になるのですが20代前半は、周りに振り回されていっぱいいっぱいで、30になるまでに死にたいと本気で思っていたのですが、最近は自分の人生は自分で作る。楽しくするのは自分だ、と思い始めていて、精神衛生上とてもいいです。勿論全てをコントロールできる訳ではなく、落ち込むことはあるのですが、心配や妄想的な不安、思い込みなど、メンヘラ的な悩み方から解放されて大変心地よいです。

この辺りのことは、時間とお金をかけて真摯に改善しようとしていたところだったので、とても良かった。まだまだ普通の人には程遠いとは思うので、もうちょっと見直すべきところは見直していきたいし、もうちょっと類型化して文章にまとめられたらいいな、という思いがちょっとあります。

 

今年の目標

まず仕事に対してテコ入れしたいです。昨年もちょっとやっていたのですが、転職か副業はしたい。とにかく収入を増やしたい。そして、今更感ありますがVBAを基本にプログラミングの勉強を始めたので、それを続けようと思います。

さらに色々今後のことを考えるにあたってファイナンシャルプランナーの資格を取りたいです。元々簿記は学んでおり、電卓を叩いたりお金の計算を勉強はしていたので、情報をアップデートし実生活に役立てていきたいです。幸い3級を取得したら基本は事足りるようなので、その先を取得するかはその後考えようと思います。

内面部分では、もっと知性を得たいです。楽しく暮らすためには、もっとものを知ってた方がいいと思っています。これは今年一年ではなく、もっと長期スパンで考えないといけないことだと思うのですが、本を読む、映画を見る、美術館に行くなどして、知性豊かな人間として生きていきたい。昨年の前半は、割と色々見たり出かけたりしていたのですが、後半はあまりできなかったので、もう少し頻度を上げていきたいです。

私は欲張りなので他にも、運動や料理研究も深めて行きたいと思っています。

 

そんな私ですが、今年もどうぞよろしくお願いします!

昔ばなしをしよう

 

massarassa.hatenablog.com

 

らさくんの書いた記事の中で出ていたスナックに私も通っていた。

らさくんはブログを始めたきっかけとして書いていたけど、わたしはスナックに通い始めたきっかけを書いてみたくなったので、つたない文章ながらも残しておこうかなと思う。

 

悪い恋愛をしていた。悪い恋愛には諸説あるが、私も相手も精神的に疲弊していく恋愛だった。

定石通りにその恋愛はご破算となったが、恋だけではない、いろんな感情が混ざりあって低空飛行を続けていた。私個人の感情の問題に向き合ってもらっていたものの、もう離れないといけないと思うようになった。紆余曲折あり、行きついたのがはせさんのスナックだった。

 

恥を承知で書くが私は以前、本当にダメな人間だった。謙遜でなく本当にいいところがない。何かをやり始めても中途半端だし、話もうまくないしかわいげもない。特に仕事が出来たり、頭がいいわけでもない。特別な技能を持っているわけでもない。唯一のいいところは脚がきれいなくらい。だから承認を求めて悪い恋愛を続けられたともいえる。関係性においてもっとも良くなかったのは、私が相手から居場所や気持ちや楽しい時間を与えてもらおうとしすぎたことだ。今でこそそれは、一方的に与えられるものではなく、一緒に作っていくものだと分かったが、相手とはいろんな感情のもつれがあり出来なかった。

お互いに精神的に疲弊していく関係性ではあったが、得られたものもたくさんあった。相手は、それまで会った誰とも違っていた。頭もよかったし、広い世界を知れた。身なりの整え方、センスの磨き方、ダメな恋愛をしている最中に得た知見は私を成長させた。努力の仕方も分かってきたし、一人の時間の楽しみ方も知った。一から十まで、普通の人がどうやって考えて生きてるのかを、教えてもらったと言っても過言ではない。これらは、この先の私を助けてくれると思う。

ところで、私は実家に居場所がないと、ずっと思いながら生きてきた。両親から発せられるメッセージは条件付きの愛情で、それらを発している当人たちは全く気付いていない。幼いころに飼いならされていたので、苦しくても痛みを訴えず、出来るだけ迷惑をかけないようひっそりとしていた。その状態はとても苦しくて、安心して生きられる場所を人生の命題のように探していたのだ。

だから私の居場所問題は切実だった。自分が自分らしくいられる、安心できる場所。

相手は、私が安心できるほど居座ることを許してくれない。それも、頼っている以上は仕方ないと思っていた。そんなことを何年も繰り返す中、もう頼れないなと思うきっかけの出来事がいくつかあった。私は色々と考えたり行動していく中で、居心地の悪さを感じ始めたのだった。ただこのまま関係が切れて、わたしの人生がクローズドな状態に戻ることは避けたかった。

そんな思いから、私は興味のあるイベントに出かけていくことが増えた。幸いイベントに一人でいくことは、でんぱ組の現場に通っていたため慣れていた。出会いを求めるというよりは、知見を増やしたり純粋に楽しみたいという気もちが大きかった。

 

 そんな中見つけたのがはせさんのスナックだった。飲みに行くのは好きだし、面白そうだし、めちゃくちゃ行ってみたい気持ちがあったが、行ったところで緊張と人見知りで上手く話せないのは目に見えていた。結局2か月くらい行こうか行くまいか考えて、ようやく重い腰を上げて行くことができた。大したものを持たない私を、迎え入れてくれたはせさんには本当に感謝しかない。

実際行ってみると普通に生きているだけでは知り合いになれないタイプの人が大勢いて、世界の広さを感じた。大人になるとどうしても、打算やしがらみが多くなってしまうが、そんなの関係なく楽しめる間柄は貴重で居心地が良かった。こういう場って大切にしていきたいし、今後も緩く発掘していけたらな、と思っている。

 

kyusuigy.hateblo.jp

 

私は長年抱えていた居場所問題も、一人暮らしをはじめることによって解決していくことができた。今年に入って恋人もできたし、大変なことや辛いこともあるけど、楽しく充実した毎日を送っている。そのことは(書けるのかという問題はあるけど)年納めのエントリーに書くとして、ここでは一旦一区切りとしたいと思う。

楽しいと思うことを楽しむためにすること

生きている。何とか生きている。

11月は気持ちが落ち込んでいることが多い月だった。今までもやもやしていたものが一気に噴出し、精神を蝕んでいった。こういうとき私は、少しでも気になるモヤモヤを放っておくことができず、全てを焼き払う方向に舵取りをしてしまうことが多い。でた答えに落ち込んだりうなだれたりして鬱状態になるし、普段は成りを潜めているメンヘラも若干再出現していたのだった。死にたいとは口にしなかったものの、やけっぱちになって気づいたらそんな妄想が頭の中に浮かんでいたし、はたから見ても自傷的行動をとっていたようだった。ついでにぎっくり腰にもなった。そんなこんなで有給はあと一日しか残ってない。

12月に入って色々と人に助けられたり、解決方向が見えたり状況が動いたりして、最近は気持ちが晴れてくることが増えた。出来ていなかった料理を再開し、疲れた時はしっかり寝て体を休める。やりたいことはやり、行きたいところに出かけ自分の自己肯定感を取り戻していく。誰の為でもなく自分の為に生活と体調を整える。持続性のある人生を生きるために必要なことをやる。その上で楽しいことをやらないと、本当に楽しいことを楽しめないと思っている。

私は今までずっと、楽しいことを楽しむということがとても苦手だった。小学校の移動教室のときは、乗るバスが事故にあって生きて家に帰ってこれないのではないかと毎回考えていた。それは大人になってからも程度は収まったもののしばらくは続き、いくら自分が好きなことを楽しんでも、暗い影を落として後ろ髪を引かれる思いをしてきた。犯罪を犯しているわけではないのに、社会通念や常識や周りの視線といった見えない牢獄を恐れて、自ら牢屋に入って生きてきた。そんな狭い世界から徐々に広い世界へ出て行って、自分を大切にするとか楽しいことを楽しむといった感覚を、徐々に習得していくことができてきた。もちろん、昔の感覚が脳裏に浮かぶことはあるが、だんだんと頻度が少なくなってきたし、程度も経験則を手に入れたせいか落ち着いてきた。今までは無理して引き受けていたことも、無理だと思ったら相談したり断ったりできるようになってきた。悪く言うと自己中なのだが、周りの人は誰も私がどうなろうと責任なんて取れなくて、荷物を軽くすることはできても、代わりに背負うことなんてできないんだから、きっと自己中なくらいでちょうどいいのだ。

最近は楽しいことを楽しめる自分になれてきていて、とてもいいなと思っている。私にとっては、楽しめる状態の自分にすることが一苦労なんだけど、それも楽しめているのがいい。習慣化するのがとても苦手なんだけど、これは頑張って続けていっていつでも私は楽しいことしていいんだよ!というシグナルを自分に出していきたい。